カードローンについて

借金にはいろいろな種類があります。自宅を購入するときにも大金の借金をします。また学生が数万円の借金をするための学生ローンもあります。借金の大きさによって審査もいろいろですが、カードローンはとても便利に使われています。

カードローンは消費者金融のローンとシステムは同じです。しかし返済ができなくなって、それがどんどん雪だるまのように利息が増えるということはありません。低額カードローンの場合は審査もないタイプのものもありますが、特に審査ができないような専業主婦や学生などが対象となり銀行系会社が行っています。

一度審査に通ったり、無審査で借りることができれば返済を済めば、また限度内を借りることができるのです。まるでお財布のように使える便利さがあるため、ついつい借りすぎてしまうこともあります。しかし基本的には低額ローンなので、返せないということはなかなか起こりません。

しかしこの便利さがカードローンのメリットでありデメリットでもあると言われています。やはり借金は返すことが条件です。借金をする人は自分のお金の使い方、貯め方などに問題があることも。できればカードローンは、いざというときには上手に利用し、あとはもっと基本的なところでお金の使い方を見直すと良いのではないでしょうか。

違法な取りたて

借金には違法な取り立てをする業者もいます。それによって借金地獄に引き込まれてしまう人が後を絶ちません。まず利子は規定されている数倍の利子を、取り立てるような業者もたくさんいます。借金をしている方は、返済できていない負い目もあり、なかなか上手に立ち回ることができません。

しかし会社に押しかけてきたり、朝から電話やファックスを送ってきたり、訪問することなどは法律でやってはいけないことになっています。また債務者が退去を求め、やめて欲しいという意志を見せても、続ける場合はその業者は違法となります。もともと違法なことをやっている業者でも、上手に網の目をくぐってひどいことを行ってくるようです。

また悪徳業者に返済できなくなると、次の悪徳業者を紹介されてもっと違法な利息に苦しめられるのです。このようなことになったら、まず警察に連絡と考える人が多いようですが、警察では厳重注意しかできません。この状況を救えるのは弁護士なのです。債務者が債務整理を弁護しに依頼した瞬間から、業者は一切取り立てはできなくなります。特に借金に精通している弁護士は、その人にあった処理によって救ってくれるのです。それによって、悪徳業者に骨の芯までなめ尽くされることもなく縁を切ることができます。

関連資料>債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

悪徳業者に借金をしないことが一番ですが、もし手を出してしまった場合、返済出来ずに違法取り立てに困った場合には頼るのは警察ではなく弁護士ということを覚えておくと良いでしょう。

学生の借金について

学生の借金も昔からあったようです。昔は大きな大学の近くには必ず町金融のような、学生相手の業者が居たようです。昔は今のように悪徳業者が少なかったこともあり、学生たちの多くが便利に利用してきたような業者がいました。今は悪徳業者も増えたため、いろいろな規制も多くなり、学生が借金できるのは学生ローンが主流です。

バイトの給料を基本に検査のある学生ローンもありますが、ほとんどは担保なし、審査なしの学生ローンが多く利用されています。その場合は特に利用できる金額の限度額も少なく、10万円程度と言われています。そして総重量規制があるので一般金融業者では扱えないため、銀行系の会社での扱いがほとんどです。

もちろん悪徳業者はうまいことを言って、言い寄ってくるので注意は必要となります。しかしちょっと学費が足らない、仕送りが滞っているなどというときには、とても便利に利用できる借金です。そして10万円程度なら、今の時代アルバイトをやっても返せる金額です。

また銀行系の会社では法外の利息も要求することもなく、法律に従って借りることができます。きちんと返却することを計画してから借りる分には、学生ローンも非常に助かったという学生も多いのではないでしょうか。

借金を上手く利用する

借金を上手く利用することを考えてみましょう。借金は悪いことではありません。しかし返す当てのない借金は無責任であると言えるでしょう。そして借金地獄にはまってしまうと、大切な家族まで無くしてしまうことや、人生台無しにしてしまうこともあります。そこで借金を上手に利用することができれば、人生を豊かにしたり、つらいときに助けてくれるありがたいものとなるのです。

そこで借金を上手に利用することは、とても重要なこととなります。そのためには、まずきちんとした利息で貸してくれる優良業者を選ぶことが大切です。もちろん返済などの責任は自分にありますが、やはり業者によっては、地獄のような毎日に引き込まれることもあります。そのため業者を選ぶことは重要です。

そして次に借金の返済があります。最初から確実に借金が返せるだけしか借りることは避けましょう。毎月の生活を普通に送りながら、借金の返済ができるという範囲での借金をすることが重要です。一番上手な利用方法は、借りた日から30日間以内に返済した場合、利息無料サービスを行っている銀行関係の会社などもたくさんあります。

借金しても、必ず30日以内に返済するということができれば、利息も出費せずにお財布代わりに使えるというわけです。例えば、たまにはおしゃれに贅沢をちょっとしたいとき。給料日が近くてお財布は空っぽ。そんなときには、ちょっとだけ借金をしてお給料が出たらすぐに返してしまいます。このような方法なら、まったく利息もない借金ができ、便利に借金を利用することができるのです。